イケメンにご褒美をもらった話

当部には毎年、数人のトレーニーさんがやってきます。

当部の特殊な仕事内容を勉強するために他社から数人受け入れて1年間一緒に仕事をします。

大学3年生がやるインターンシップみたいな制度?

我がチームに配属された昨年度のトレーニーさんは、これはこれはすごいイケメンさんでした。

目次

自覚しているイケメンって面白い!

背も高いし小顔だしモデルさんみたいな子。

しかも頭も良いのでちゃんと自分のポテンシャルの高さをわかっている。笑。

自覚しているイケメンは本当に面白い。

エピソードをかくと...、からかっているみたいになるので書かないけれど。笑。悔しい。

年上のお姉さん(私のことよ)に対してもとても礼儀正しい良い子でした。

息子たちにもこんな風に育って欲しい。

その子がもといた会社にもどる前日、

当チーム最終日のお別れの日に私にむかって、

僕のこと忘れないでくださいね

と、言ってくれました。

え、毎日頑張っている私へのご褒美ですか?

という言葉はセクハラになるかもしれないから飲み込んで、

「忘れないよ」

といって送り出したのでした。

とても元気がでる言葉だったな!

亡夫にきゃいきゃい報告したかった^^

きっと、ムスッとした顔をして「喜ぶなんて浮気者だ~!」と言われたと思いますww

そして、今年度もまた新しいトレーニーさんがきてくれました。

20代後半と若いけど奥様もいて子どももいて、とてもしっかりして明るくて良い子!

イケメン度は・・・ひみつ。^^

とにもかくにも、良い人たちに囲まれて一緒にする仕事は楽しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次